2016年09月03日

ERIC PERCING

ERIC PERCING 。大尊敬しています。

ここ20数年来の、シンセサイザーの歴史を語る上で、外せない存在。シンセサイザーのテクノロジーの最先端、最高峰を常に引率してくださっています。

僕が最初にこの方の存在を知ったのは、Roland D-70 内蔵のデモを聴いた時でした。(25年前かぁ・・) 

SPECTRASONICS に移籍なさってからも、素晴らしいソフト音源(virtual・instrument)を手掛けて来られています。

遂に発表された、新音源のKEYSCAPE 。こちらにもまた深く関わっておられる様子で、とっても嬉しいです。素晴らしいサウンドだろうなぁ。楽しみです♪


posted by なすじん at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | なすじん日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック